指輪をする指にあるそれぞれの意味

結婚指輪解決マニュアル

結婚指輪解決マニュアルのメインimage
指輪をする指にあるそれぞれの意味

左手の薬指にするのが普通とされている結婚指輪。

でも、指輪をする指というのは、薬指だけでなく、他の全ての指にもそれぞれ違った意味があるのをご存知ですか?

その意味合いを熟知した上で指輪をつける方が更に指輪にも愛着感や気分上昇率が上がるかもしれませんよ。

それでは、それぞれの指にはめる意味をご紹介していきましょう。

まず、親指。

右手は、責任力や権威力が付き、リーダーシップを発揮し、左手は、愛や信じる力を全うし、願望実現に繋がります。

次に人差し指。

右手は行動や集中するパワーがアップし、左手は進んで物事に取組むパワーがアップし、気持ちの揺れが無くなります。

中指は、右手が良くない物を寄せ付けず、行動するパワーアップになり、左手は直感が冴えて、協調する力が増します。

そして薬指。

右手は、恋が叶いやすくなり、心の平穏化が期待でき、左手は願望実現や愛が深まります。

最後に小指。

右手は、自身の魅力度アップと苦難をクリア出来、左手は、恋愛に恵まれ願い事が叶います。

以上のようにそれぞれ意味が違う所が面白いですね。

結婚指輪をするとされている左手の薬指は二人の絆を深くするとか結婚という意味もあり、恋愛の運気がアップするという意味合いのまさしくLOVEの指、愛の象徴となる指なのですね。

違った呼び方ではリングフィンガーとも言われており、心臓、こころに最も近くの指とされています。

愛を誓う男女が薬指に一緒の指輪をはめることにより、二つの指輪同士がシンクロし愛情が深くなるそうですよ。

Copyright 結婚指輪解決マニュアル All Rights Reserved.