どんな時指輪を失くしやすいの?

結婚指輪解決マニュアル

結婚指輪解決マニュアルのメインimage
どんな時指輪を失くしやすいの?

結婚指輪を買った男女にアンケートを行なったら、なんと8割弱の人達が付けているのは毎日と答えたそうです。

結婚指輪は、就寝時やバスタイムを除いてははめたままでいるいった人が殆どのようですね。

しかし、季節や時間により、指のサイズというのは多少の変化が生じるそうです。

足と同じように指も浮腫むものなのですね。

それゆえに、お風呂中や家事の最中に知らぬ間に抜けてしまったりする事が発生する事が結構あるらしいですよ。

失くしてしまう事が多い傾向にあるのが、食器洗いや料理中、お風呂洗いなどの水を使った家事の最中。

それぞれ洗剤を使用するので指先が滑りがちなのです。

そういう時に指輪が抜け落ちて、排水溝へさようなら…といった事も起こり得る訳です。

結婚指輪を買う際にややきついサイズを選択したと思っても、指のサイズや大きさは変化する事もあります。

いつもはめている為わかりにくいとは言っても、指輪が回るようになった時は気を付けて下さい。

ちょっと手を振っただけで指輪が抜け落ちてしまう事もあるとか。

また、中でも指輪をたまにしかはずさないケースは注意が必要です。

日頃からはずす事が慣れているケースは、置く所が一定化しているので、身の振る舞いも決まっているから心配ないのですが、たまにしか外さないケースだと、決まっていない所にはずした指輪を置いてしまうパターンが多いとか。

その為、自分でどこに置いたのかうっかり忘れてしまいがちなのです。

以上のように、結婚指輪を外して行動する際には充分注意することが大事ですね。

Copyright 結婚指輪解決マニュアル All Rights Reserved.