結婚指輪解決マニュアルのメインimage
結婚指輪は一体いつから始まり、どういう意味があるのか?ここでは結婚指輪の由来と意味合いについて解明します。
結婚指輪はいつから、どのような意味で始まったの?

永久の愛を表す結婚指輪の交換が始まったのは、おおよそ2000年もの昔の古代ローマの時代。

その頃は貰った指輪をするのは、その相手を生涯裏切らない事の表しとしており、それ以降、結婚した証拠として左手薬指に指輪をする慣わしが誕生したとか。

結婚指輪はどうして左手薬指なのか?

指輪を一番心臓寄りの指にする事で、2人の心を繋ぐ意味がある説が強力。

そして、切り口無しの輪というのは永久を意味し、二人の愛が絶えずに続く事を願って結婚指輪交換が始まったのです。

そんな深い意味合いを持つ結婚指輪は、生涯する物ゆえに、サイズ選びは当然ですが、形や質にも拘りたくなりますね。

近頃は、結婚時に特注品で指輪を作成する男女も増加中。

特注品は何より、2人の気持ちを形として表現可能。

自分達好みの形を考えたり、イニシャルや誕生石を入れるようにしたり、独創性溢れる指輪を作れる訳です。

特注品と言ったら簡単ではなさそうなイメージでもも、結婚指輪をオーダーメイドで作ってくれる専門のお店なら心配無用。

そのような専門店ではジュエリーを専門とする技工師が形から大きさまで総合的にサポートしてくれて、どなたでも楽々指輪作りが出来ますよ。

[銀座ダイヤモンドシライシURL]http://www.diamond-shiraishi.jp/

尚、カップルでハンドメイドの指輪も人気。

記念の指輪を自分達で作ったら尚更絆を深められますね。

記念日を祝ったり、婚約や結婚の指輪を作るなら、自分達だけのオリジナルの指輪を作ってみるのも良いかもしれませんよ。

Copyright 結婚指輪解決マニュアル All Rights Reserved.